FC2ブログ

日本一に輝いただけに、この結果には納得がいかない

Category: 記録
今更ながらに、盗塁のお話を少々。

現状のFightersで、最も盗塁王に近い選手。
9中島卓ちゃんと、7西川遥ちゃん。

7西川

2016年シーズンは、二人ともタイトルを逃してしまった。
しかも、TOPとはかなりの差を付けられて・・・

1位 53 7糸井 嘉男 (オリックス)
1位 53 2金子 侑司 (西武)
3位 41 7西川 遥輝 (日本ハム)
4位 23 9柳田 悠岐 (ソフトバンク)
4位 23 46本多 雄一 (ソフトバンク)
4位 23 9中島 卓也 (日本ハム)
7位 22 3田中 賢介 (日本ハム)
8位 18 55秋山 翔吾 (西武)
9位 16 39西野 真弘 (オリックス)
9位 16 4荻野 貴司 (ロッテ)

いけませんな。
直近過去3年間は、Fightersの選手が顔を連ねていたのにね。

◆直近過去3年間の盗塁王タイトル

2015年 34個 9中島卓也
2014年 43個 7西川遥輝
2013年 47個 1陽岱鋼

9中島

つまりFightersとしては、優勝・日本一と引き換えに盗塁タイトルを逃した形に。
ん~
逆に犠打中心型の戦略を採った方が、勝利には近づくということか?

Fightersは、足のチームと言うイメージが強いです。
この二人のみならず、来季は是非とも盗塁キングの称号を奪還して欲しいところ。

頼んだゼ、Fighters!

==============================
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

Fightersのやかな利のために、
ぜひ↓ポチっとクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

にほんブログ村

コメント:0

コメントの投稿