FC2ブログ

遥かなる多摩川グラウンド

Category: 四方山話
ファイターズの東京時代を語る上で外せないのが、この多摩川グラウンドです。
実際にファイターズがこのグラウンドを使用していた当時の話題は色々と紹介されているので、現況について少し紹介しておきましょう。
97年にファイターズが鎌ヶ谷へ移転してからは、主役を失ったグラウンドは、ただただ寂しい様相を呈していました。たまにアマチュア野球で使われているのを見かけますが、バックスクリーンを立てていない様子はプロとの格式の差を覗わせます。
(ファイターズが使用する時は、センター後方に巻き取り式のバックスクリーンを立てていました)

さて、そんな思い出の詰まった多摩川グラウンドが、今年1月に何やら工事が始まったのです。
多摩川グラウンド1
ぬぬぬ!まさか取り壊しでは!
慌てて現地を訪れました。
いやいや、何てことはない。改修工事のようです。
多摩川グラウンド2

ちなみに東横線から見ると以下のような位置関係となります。
多摩川グラウンド3
列車に乗っていてバックスクリーンが立っているのが見えると、今日はファイターズが使っている日だな、とすぐに判るのでした。

そして計画工期の5月をやや過ぎましたが、最近になってようやく竣工した模様です。
多摩川グラウンド4
芝生も青々として元気に蘇りました。

しかし、よく見るとホームの位置が以前と変わっています。また外野のフェンスも少し狭くなったような感じがします。
形が変わってしまったのはやや残念ではありますが、グラウンドそのものがこうして残されていることに感謝です。

コメント:0

コメントの投稿