FC2ブログ

ラッキーイニングは本当か!?対楽天戦(2)

対楽天戦について、ホーム/アウェー別にそれぞれ勝利した場合と敗戦の場合とで、得失点の総計を算出してみました。

2014対楽天戦2

ホームでの勝利は中盤に得点を重ね、終盤は相手打線を抑えて逃げ切るというパターン。
9回裏サヨナラの試合はありませんでした。

アウェーでの勝利は、序盤から両軍とも点を取り合うも、終盤に粘り強く決勝打をもぎ取る形が見えてきます。
安打数が多いですね。

一方でホームでの敗戦は、終盤の弱さが露呈しています。9回裏には1点も取れませんでした。
打線に元気がない展開に加えて、7回以降にリリーフ陣が捕まるパターンでしょうか。
エラーも目立ちますね。

アウェーでの敗戦は、情けないです・・・
点を取れなかったイニングが4回もあります。
投手陣も、序盤に先発陣が崩れているのが一目でわかりますね。


来年も全く同じメンバーで戦うわけではありませんが、
仮にこのままの戦力で推移するのであれば、下記が課題と言えそうです。

・ホームでの課題
 エラーを減らす
 7回の投手の見極め

・アウェーでの課題
 大量点よりも、まず確実な1点を
 先発陣のペース配分

次回は対西武戦を分析します。お楽しみに!

Fightersのやかな利のために、
↓ おひとつクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

にほんブログ村

コメント:3

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿