FC2ブログ

同姓の3選手が一直線に並ぶも、リリーフ陣崩壊

Category: 試合
ようやくエンジンが掛かってきたFighters。
先発15メンちゃんが7回途中まで1失点に抑え、見事3勝目を飾る。

5月21日(土) 日本ハム5-1楽天 (札幌)

お立ち台に上がった15メンドーサ投手。
そして、久しぶりに登場は、髪が長くなった長男マルセロ君。
I am 育メンドーサ. の言葉通り、育児も順調か!?

もう一人のお立ち台は、勝ち越し打を放った3田中賢介選手。
I am ケンスケ. の名言通り、バットの方も順調か!!

15メンドーサ

と、偉そうなことを書いておりますが、私は船橋球場へ行っていました。
船橋ってなんや?と思う方が大半だと思いますが・・・

5月21日(土) ロッテ8-5日本ハム (船橋)

ファームのロッテ主催試合です。
千葉県船橋市になります。
「ふなっしー」でお馴染みの場所ですね。

船橋球場

この船橋球場では、昨年初めてプロ野球の試合が行われたそうです。
地理的には、鎌ヶ谷スタジアムから直線で5kmほどの距離なんですね。
そのため、Fightersファンの皆さんも多く見られました。

なんて、悠長なことは言っていられない。
試合はリリーフ陣が崩壊してボロボロ。
最下位付近を低迷する、鎌ヶ谷Fightersの有様でした。

46瀬川

そんな中でも、頑張った選手をピックアップ。
先発の46瀬川投手。
室蘭シャークス出身のサウスポーだね。

5イニングを2安打、2失点。
降板時はリードしていたため、勝ち投手の権利もありました。

打の方では、3番に座った49石川慎吾ちゃんが先制タイムリー。
その後、捕球中の二塁手と交錯して守備妨害を取られてしまいます。
更にはセンターの守備で、お手玉があったね(記録上はE)。

49石川慎吾

久しぶりに見た、37矢野選手。
昨年の電撃トレードで、交流戦にて鮮烈なデビューを果たしたね。
今日は代打で登場してヒットを放つ、さすが!

37矢野

でさ、やっと本題。
現状のFightersには、石川という苗字の選手が3人もいます。
51石川直也投手、68石川亮捕手、49石川慎吾外野手の3名です。

今日は、この3人がセンターライン上で一直線に並びました。
私も野球ファンを30年以上やっていますが、このような現象は初めて見ました。
珍しいこともあるんですね。

石川

で、その51石川直也投手が同点に追い付かれ、続く47田中豊樹投手が制球難で大崩れ。
47田中(豊)投手は、ノーアウト満塁のピンチを三者連続三振に切る場面もありましたがね。
翌イニングに打たれて負け投手です。

やっとエンジンが掛かり出した一軍を尻目に、二軍は絶不調。
特にリリーフ陣の崩れっぷりは、目を覆いたくなる惨状。
あぁ・・・

さ、明日は3連勝をかけて、11大谷投手の登板。
先発陣では一人出遅れているが、いよいよ爆発なるか。
いや、爆発してもらわないと困ります。
11大谷背番号

==============================
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

Fightersのやかな利のために、
ぜひ↓ポチっとクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

にほんブログ村

コメント:0

コメントの投稿