FC2ブログ

将来の3番候補として、色々と名前が挙げられているようですが

Category: 四方山話
今シーズンは主に、アメリカから戻ってきた3田中賢介選手が3番の打席に座りました。
得点圏打率の高さは、目を見張るものがありましたね。

しかし、3賢ちゃんももう既に34歳。

80英樹監督は将来の3番打者候補として、色々と名前を挙げているようですが。
しかも、10年越しで3番が務まる人材とのこと。

31岡大海選手、2杉谷選手、26淺間選手あたりが80英樹監督の目に止まっているようです。
ん~。
長打力よりも、勢いを優先しているのか。

26asama

3番打者とは。
打率、出塁率、足、得点圏打率、長打力、右打ち、相手へのプレッシャー。
様々な条件が求められる、技巧派のポジションだね。

私の個人的な意見としては、破壊力のある5レアード選手を3番に据えると効果があると、いつも言ってきました。
長打力のある外国人選手を6中田選手の前に置くことで、歩かされるリスクを抑えて大量得点につなげる戦略。

と言っても、外国人選手はあくまで短期的な助っ人だからなぁ。
10年越しで腰を落ち着けるとなると、やはり日本人で20代の選手ということになる。

上記の3人の他には、8近藤選手、1陽岱鋼選手あたりも候補に入ってくるのではないだろうか。
状況によっては11大谷選手も考えられなくもないが、打者としてフル出場はできないからなぁ。

次代の3番打者は如何に?!

==============================
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

Fightersのやかな利のために、
ぜひ↓ポチっとクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

にほんブログ村

コメント:0

コメントの投稿