FC2ブログ

紛らわしいユニフォーム対決は、日本のエースが貫録の力投でモノにした

Category: 試合
日本のエース11大谷投手が、貫録の15勝目。
8イニングを3安打無失点、12奪三振と圧巻のピッチングを披露。

9月27日(日) オリックス0-2日本ハム (大阪)

今シーズンの対オリックス最終戦。
オリックスはなぜか金色のユニフォームを着用して、紛らわしさ満開。
さて、我らのエース、日本のエース11大谷投手。

勝利数15は勿論リーグ単独TOP。
2位はソフトバンク30武田投手と、ロッテ16涌井投手が共に13勝ですから、最多勝はほぼ確定でしょう。
ちなみにセリーグでは、42ジョンソン投手(広島)と18前田健太投手(広島)が共に14勝でTOPです。
11大谷

防御率2.24はリーグTOP。
2位はオリックスの21西勇輝投手で2.47ですね。
セリーグには1点台の投手が二人もいますね。

奪三振は196で、リーグ2位につけています。
1位の楽天14則本投手が197ですから、その差はわずか1つ。
次回登板で逆転なるか!
11大谷

完投数は5でリーグ1位なんですが、西武11岸孝之投手も同じく5で1位タイに並んでいます。
ん~、これはどちらに軍配が上がるのか・・・

攻撃面では、初回に主砲6中田Show選手のタイムリーが生まれました。
現状101打点で、リーグ2位です。

1陽岱鋼選手に第7号ソロホームランが飛び出しました。
とは言え、実は三振も多いんですけどね。
9月14日(月)の対オリックス戦(札幌)から、11試合連続三振中です。
1陽岱鋼

で、対オリックス戦の全日程を終了。
15勝10敗0分と大きく勝ち越すことができました。

主催試合は、札幌で6勝3敗、東京ドームで2勝1敗の、計8勝4敗で勝ち越し。
訪問試合は、京セラドーム大阪で5勝4敗、神戸で2勝1敗、京都で0勝1敗。
こちらも7勝6敗で勝ち越しでした。

今年はCSで当たることはありません。
オリックスファンの皆さん、来シーズンも良い戦いをしましょう。

さ、明日(28日)は福岡へ移動して、1試合だけ対ソフトバンク戦ですね。
対ソフトバンクは、CS前の最終戦になります。
久しぶりに38武田勝投手の登板です。
38武田勝背番号

==============================
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

Fightersのやかな利のために、
ぜひ↓ポチっとクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

にほんブログ村

コメント:0

コメントの投稿