FC2ブログ

首位攻防の直接対決で、接戦の弱さが露呈した

Category: 試合
今シーズン初めての福岡ヤフオクドーム。
ソフトバンクとの首位攻防直接対決でしたが、接戦の弱さが露呈してしまいました。

6月19日(金) ソフトバンク4x-3日本ハム (福岡)

フォアボール。
それは野球において試合を形作る不思議な魔力。
極端な言い方をすれば、フォアボールを出した方が負けなんですよ。

2回の表、貰った四球と相手のエラーで、ノーヒットで1点を先制したまでは良いのですが、逆に言うと1点止まりだったのは後味が悪いなぁ。
で、その裏、たった1球で簡単にホームランを献上して早くも同点。
流れとしては良くないと思う。

2回の表・裏で全てが決まってしまったような印象を受けましたね。
つまり1点を取るのにどれだけのエネルギーを投入したかという比較で、格の違いがあったように思います。

そんな中でもね、材料はあった。
特に25宮西投手の3者連続三振!
そして信頼の48谷元投手も2つの三振を奪い、ゲームを作ります。
48谷元

しかし最後は13石井投手が先頭打者にフォアボールを与え、流れを差し上げてしまいます。
あ~あ。
やっぱりフォアボールだよ。

1アウトも取れずに負け投手。
今年の13石井投手の出来からすると、らしくないピッチングだったなぁ。
負け投手になりながら自責点が付かないという不思議な状況ではありますが、接戦に弱いねぇ。

打者出場の11大谷選手は4三振。
打率は.181まで下がってしまいました。
上位打線の3人以外はノーヒットという空回り状態。

あー。
明日こそは何とかビシッとして貰わないとね。
マッサー38武田勝投手、頼んだよ!

==============================
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

Fightersのやかな利のために、
ぜひ↓ポチっとクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

にほんブログ村

コメント:0

コメントの投稿