FC2ブログ

4番打者とは、そもそも何なのか?

Category: 四方山話
野球というスポーツは不思議なもので、そのチームの最も破壊力のある強打者がスタメンで4番に配置される慣わしがあります。

これには特に根拠はないと思いますが、1番打者が出塁し、2番がランナーを進め、3番がチャンスを拡大し、頼れる4番が得点をたたき出す。
と、このような理想的なゲーム展開を想定した慣わしであることは、想像に難くありません。

しかし、打順は常に1番から始まる訳ではありません。
たまたま1番から始まったイニングでも、理想的な展開で進む方がむしろ少ない筈です。
2番から始まって2者が倒れ、2アウト走者なしで頼れる4番打者に回ることも珍しくありません。

つまり科学的な目で見ると、選手の前後関係は重要かもしれませんが、4番に誰が据えられているかは試合展開に影響しないはずです。
そればかりか、打順が早い方が、より多く打席が回ってくる可能性が高くなります。

それ故に、強打者を4番に置いておく事がむしろ不利になる場合さえあると考えられます。
逆転サヨナラのチャンスで、3番打者が併殺打を打って試合終了!
期待の4番まで回らず・・・

こう考えると、打率や長打率の高い選手をより上位の打順に持ってきた方が、チーム全体の安打数は増える筈であって、結果として得点力も高くなると推測できます。

以前に1新庄氏(当時)が横浜ベイスターズの監督を打診された時に、このような戦略を思案していましたが、まんざら非現実的な案でもないと思います。
むしろ長いペナントレースの中で、一時的にテストをしてみるのも有効かと思うのですが、保守的な野球業界ではなかなかそういう方向に向かない空気がありますね。

いわゆる野球における4番打者というのは、いわば勲章のような位置付けなのですね。
科学的な打席数よりも、打順によって選手のモチベーションを高める働きをしていると考えられますね。

さて、我らが主砲6中田Show選手。
Fightersの不動の4番に座り、今や日本の4番打者として君臨しています。

新シーズンも頼むよ!

6中田Show

==============================
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

Fightersのやかな利のために、
ぜひ↓ポチっとクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

にほんブログ村

コメント:0

コメントの投稿